資格取得を目指すあなたを応援します!

TOP > 資格を選ぶには > 今の自分に対する満足度は

今の自分に対する満足度は

なりたい自分をイメージする

 

経歴や知識、スキルなど今、自分が持っている資産を整理したら、次のステップ

はライフプランを具体的に立てることです。将来なりたい自分を見定め、そのため

にはどんなプロセスが必要か、取得すべき資格とは何かを、明確にしていく作業

です。そのためにはまず、今の自分に対する満足度を測り、自分の志向性を探っ

ておこう。

次に、自分の仕事に対する価値観を知り、それをもとにライフプランを立てます。

さらに、ライフプランを実現するために必要な資格を選び、取得に必要な資格の

情報収集を行うという手順になります。

 

-------------------------------------------------------------------

 

満足度を測って理想とのギャップを埋める

 

当サイトを訪れた人は、少なくとも資格を取得することで現状を変えたい、または

現状をさらに伸ばしたいと考えていることと思います。

何をどう変えたいのか、どういうところを伸ばしたいのかを明らかにすることが、自分

の将来像を描きライフプランを立てるための助けになるでしょう。

例えば、今の仕事に対して物足りなさを感じているとすれば、どういうところが物足

りないのか、分析してみよう。また、資格を取得することで、今以上にキャリアアップ

しようと考えているなら、現状に対する満足度を改めて整理してみることで、潜在的

な欲求や目標が明確になります。この作業をすることで、なりたい自分をイメージして

現状とのギャップを分析できます。ギャップが分かれば、それを埋めていく手立ても

明確になるでしょう。

 

-------------------------------------------------------------------

 

5つの項目で満足度を把握する

 

現状の自分への満足度を測るには、次の5つの項目から見るのが有効です。

 

①会社、学校の環境に満足しているか?

会社の方針、社会的な知名度、組織の規模、教育内容、設備などに満足して

いるか。もし不満があるとしたら、その原因はどこにあるのかを明確にしよう。

そうすることで、自分が求めている働く環境が明らかになります。

学生に場合は、今の学生生活に満足しているか、満足していないとしたら、その

原因は何かを洗い出しましょう。さらに、将来自分が就きたいと思う方向性を考え

たとき、どのような組織で働くのが理想かを考えてみましょう。

 

②仕事、学習の内容に満足しているか?

今の自分の職種、業務内容を改めて見直してみよう。営業、経理、総務、人事、

販売、企画、経営管理、対人サービスなどさまざまな職種がありますが、現在

携わっている仕事に意欲を持って取り組んでいるでしょうか。

学生の場合は、自分が専攻している学習内容に満足しているか、学習した内容

を生かす仕事に就きたいと思っているかを問い直してみよう。今後、自分が進む

べき方向が見えてくるはずです。

 

③収入に満足しているか?

現在の自分の収入についてどう感じていますか。少ないと思うなら、その理由は

何かを考えてみましょう。仕事の量や密度に対して収入が低いのか、仕事自体

低い給与水準が妥当なものなのか、といったことを分析してみよう。さらにあなた

が目指す年収はいくらか、具体的ビジョンを描いてみよう。

現実とのギャップを埋めるために、現在の組織で上のポジションを目指すのがよい

のか、業界や職種を変えるのがよいのか、同じ職種でも別の組織に移るのがよい

のか、独立するのがよいのか、といったことが明確になってきます。

学生や専業主婦など、現在収入がない人は将来、自分が得たいと思う収入を想定

してみよう。

 

④人間関係に満足しているか?

仕事のうえではもちろん、人生を豊かにする重要な要素が人間関係です。どんな

仕事でも、自分一人だけでできるわけではないのは明らかで、組織の内外を問わ

ず、必ず他人とかかわりが生じるものです。人間関係を良好に保つことは、仕事を

うまく進めるうえで大切な基盤となります。

仕事仲間とは、お互いに刺激し合い切磋琢磨できているか、苦しいときに適切な

アドバイスを与えてくれる人がいるか。また、よき指導者として尊敬できる人がいる

か、といったことも重要です。

仕事以外でも、情報を交換し合ったり、励まし合ったりできる友人の存在も大きい。

自分の求める理想の人間関係とはどんなものかを自分なりに考えてみよう。

 

⑤仕事以外の人生に満足しているか?

仕事を除いた余暇や趣味、家族との関係など、さまざまな側面からトータルに人生

に人生を見てみよう。自分は人生を楽しんでいるか、仕事漬けになって家族と過ご

す時間をないがしろにしていないだろうか、などと問い直してみよう。

健康管理の面から見てどうか、適度な睡眠時間がとれているか、日々の活力を養え

るような時間の過ごし方をしているか。また、他社や他業界の知人と情報交換をする

時間を持てているかといったことも重要です。

目の前の仕事を片付けるだけに時間をとられ、それ以外の時間を持てないと、とかく

視野が狭くなりがちです。気づいたときには、世の中の流れが変わっていたというこ

とになりかねません。最も怖いパターンです。

仕事以外の人生を充実させることは、視野を広く持ち、社会の変化を感じ取るのに

重要な要素となります。これが、仕事ぶりにも必ず反映されると心得ておきましょう。

 

  • SEOブログパーツ