資格取得を目指すあなたを応援します!

TOP > 資格の取り方と学習の仕方 > 資格取得のプランを立てよう

資格取得のプランを立てよう

まずは必要な費用をどうするか考える

 

独学にしろ、学校を利用するにしろ、参考書代や学費、交通費といった費用が

必要になります。最初にその額を見積もってみて、貯蓄でカバーできない場合

は、資金をどうやって捻出するか計画を立てなければなりません。

資格スクールなどでは、提携ローンを用意しているところも多いが、学校によっ

ては金利が10%以上も変わってきます。例えば50万円を2年間で返済した

場合、金利だけで10万円も違いが出ることがあるので、月々の支払い額だけ

で考えず、金利もチェックすることが大切です。

 

-------------------------------------------------------------------

 

公共の融資や教育訓練給付を賢く利用

 

財形貯蓄をしている人は、固定2.09%の低金利で残高の5倍まで公的融資

を受けれます(10万円以上450万円以内)。ローンを組む場合は、最優先に

考えたいところです。

また、公的機関の助成を利用すれば、学費の負担を少なくすることが可能です。

在職中、または離職後1年以内の人で、過去、雇用保険の被保険者期間が通算

3年以上ある場合は、教育訓練給付を受けられる可能性が高いのです。幅広い

講座が対象となるうえ、最高20万円(上限は入学金、受講料の40%)の給付と

なれば、見逃すわけにはいきません。近くのハローワークに相談してみよう。

 

-------------------------------------------------------------------

 

資格取得までの期間を設定し勉強時間を確保

 

費用と同じく重要な現実問題となるのが、資格取得に要する期間と、勉強時間の

確保です。特に社会人が取得期間1年以上とされる難関資格に挑戦する場合は、

毎日の勉強時間をいかに確保するかが合否の分かれ目となります。

資格取得に成功した人の多くが口をそろえていうのが、隙間時間を活用すること

の大切さだそうです。通勤電車の中、昼休み、得意先を訪問する際の移動時間

など、時間が空けばいつでも勉強できるよう、問題集を常に携行するなどして態勢

を整えておく必要があります。

さらに、受験までの期間を半年、3ヶ月、1ヶ月、1週間といった単位で区切り、それ

ぞれクリアすべき目標を定め、着実にこなしていくようにすれば合格の可能性も高ま

ります。目標を設定する際には、実行不可能な計画にしないこと、病気などのアク

シデントに備えて、若干の余裕を持たせておくことがポイントです。社会人の場合、

どうしても仕事を理由に挫折してしまいがちなので、当初から仕事を言い訳にしない

よう心しておきたいものです。

  • SEOブログパーツ