資格取得を目指すあなたを応援します!

TOP > > ビジネス実務法務検定試験

ビジネス実務法務検定試験

~資格データ~

 

【メリット】    

就転職の際有利

【難易度】    

★★☆☆☆

【取得期間】   

3ヶ月以上

【コスト】     

5万円~

※難易度・取得期間・コストは3級を通信教育で取得した場合

【受験料】    

3級:4,200円 2級:6,300円 1級:10,500円

【受験資格】   

<3・2級>誰でも受験できる  <1級>2級合格者

【試験科目】   

<3級>

ビジネス実務法務の法体系、取引を行う主体、法人財産の管理と法律、債権の管理

と回収、企業活動に関する法規制、法人と従業員の関係、ビジネスに関する家族法

<2級>

ビジネス法務の実務、、会社取引の法務、会社財産の管理と法律、債権の管理と

回収、ビジネスと個人のかかわり、企業に活動に関する法規則、会社と従業員の関係、

国際法務(渉外法務)など全10項目

<1級>

共通問題:民法、商法を中心に全産業分野に共通して発生する

法律実務問題(選択問題、4問中2問選択):トラブル対応の実務能力試験

【試験日】    

<3・2級>年2回:7月・12月

<1級>年1回:12月

【合格率】    

<3級>69.6% <2級>28.6% <1級>8.2% (2005年)

【問い合わせ】 

東京商工会議所検定センター http://www.kentei.org/

03-3989-0777

 

-------------------------------------------------------------------

 

資格の概要とメリット

 

コンプライアンス能力で勝負

現場で必要とされる法務実務の能力を測るのが、東京商工会議所主催の

ビジネス実務法務検定試験です。3~1級の3段階あり、その対象レベル

は、3級が社会人全般及び学生、2級が各部門の法務担当者、1級は法務

部責任者となっている。

3級、2級はすべてマークシート方式による選択問題。3級の出題内容は、

ビジネスにかかわる法律の基礎知識で、雇用や商取引などの問題が含まれ

ます。2級は出題範囲がぐっと広がり、国際法務、製造物責任法や民事訴訟

手続きなども入ってきます。

1級は、論述形式。より実務に即した内容で、自社施設内での事故処理、取引

上のトラブル処理、法務関係の上司や弁護士など専門家への法的トラブルの

経緯や処理方法の報告など、具体的なトラブル対応を想定した問題になって

います。

 

多くの企業が活用

組織ぐるみの不祥事の社会問題化、不正を許す組織内部の見直しといった反省

から、多くの企業では倫理憲章や企業行動基準を策定し、不正を未然に防ぐ努力

を始めています。

ビジネス実務法務検定試験を社内資格として認めたり、能力評価の参考にする

企業も増えています。法務担当者に限らず、法的知識を身につけ、ケースに応じて

リスクを察知できる能力が必要になるこれからの時代、有能なビジネスパーソンの

常識になっていく資格の一つといえるでしょう。

受験前に、まずは公式テキストに取り組もう。専門知識が問われるため、実務経験

がなければ資格スクールに通う、通信教育を利用するなどの対策が必要です。

商工会議所で受験対策セミナーを開催していることがあるので、大いに利用しよう。

  • SEOブログパーツ