資格取得を目指すあなたを応援します!

TOP > 資格を選ぶには > 経歴は自分を知る第一歩

経歴は自分を知る第一歩

自分は何を学んできたのか、もう一度整理しよう

 

まず、学歴について考えてみよう。学歴というと、大卒、高卒、有名校という

ところに気を取られがちだが、ここで注目するのはそれだけではありません。

自分は何を学んできたのかということです。学部、専攻はもちろん、取得科目

と単位数、得意科目、苦手科目も客観的に見直してみると、自分が学んできた

知識の基盤が見えてきます。

また、ゼミやサークルでどういう活動をしたかという点も重要です。例えば、学園祭

の企画運営に携わったとしたら、学校との交渉、外部との交渉、資金や人員の調達、

プロジェクト全体の計画、リスク管理なども経験しているかもしれない。そうした経験

もキャリアに生かすことができる資産になります。

さらに留学経験があれば、海外でしか体験できない何かを持っている自分を

見つめなおしてみましょう。大学院在籍者や修了者はその研究内容や発表した

論文について改めて整理してみよう。

さまざまな資格試験が、受験資格の制限を取り払う傾向にあるが、資格によっては

学歴による受験制限や科目免除などがあります。自分の学歴が条件に合わない

場合は、どのようにすればクリアできるかチェックしおこう。

 

-------------------------------------------------------------------

 

職歴は重要な資産

 

あなたのキャリアにとって職歴は重要な無形資産です。どの業界で、どんな職種、

業務を経験してきたか。これが今のあなたの持つ経験、能力の中でも最もわかり

やすく目に見える部分です。転職を考えるときにも、これが最も重要になります。

職歴からかけ離れた資格取得は負担が増えるわりに、今後のキャリアに有効と

なるケースはまれです。

あなたが学生ならば、職歴欄は空欄でもよいが、アルバイト経験、その他の活動

があれば詳しく記入してみよう。また、最近は学生が在学中に一定期間仕事を

体験するインターシップが注目されています。インターシップの経験があれば、

キャリアを考える際には、貴重な材料になるので、ぜひ書き入れるようにしましょう。

  • SEOブログパーツ