「第3の歯」インプラント治療

TOP > インプラント治療と診断 > インプラントの期間

インプラントの期間

 

いつから噛めるか?


インプラントは埋入手術をしてからオステオインテグレーション

が得られるまで下顎で3カ月、上顎で6カ月と言われてきました。

この時期は徐々に短縮される傾向にあり、条件がよければ「即時負

荷」といってインプラント埋入後ただちに、すなわちオステオイン

テグレーションする前に噛めるようになる場合もあります。

先のブローネマルク教授が使ったインプラントは表面がピカピカ

の研磨面で、現在の主流の凹凸面ではありませんでした。

このタイプは今でも根強い人気があるのですが、凹凸面の方がオステオイン

テグレーション率やスピードに優位性があり、現在ほとんど使用さ

れていません。凹凸面の研究はメーカー間で熾烈な競争となっています。

上顎と下顎で期間が違うのは単純に骨の質の差だと思ってかまいません。

骨はとても硬いというイメージがあるでしょう。

しかしそれは外側の皮質骨という部分だけで、中に海綿骨といいスポンジの

ように隙間がたくさん空いています。

これは焼肉屋さんで骨付きカルビを注文したときにご覧になるとよくわかります。

骨は全体としてけっこうしなやかで、一般に下あごは皮質骨が多くて硬く、上あご

は少なく軟らかいのです。

下あごは硬い分、初期固定が得られやすく、かなりきっちり固定できた場合に

かぎり、埋入手術直後のまもない時期でも噛む力に耐えてくれることがあります。

一方で上あごはたとえ初期固定が充分でも、すぐに噛むことは危険なようです。

近年、期間は短縮する傾向にあります。

たとえば下あごでは一ヶ月で充分ということもあります。

しかしそれは理想的な状況の場合のみで、骨の形や質、力のかかり方などに

左右されます。

  • SEOブログパーツ