「第3の歯」インプラント治療

TOP > インプラント治療と診断 > 骨とチタン

骨とチタン

骨結合


インプラント (implant)とは埋め込むという意味の英語で、歯科

以外でも埋め込まれるものはこう呼ばれます。

たとえば骨折したとき、整形外科でステンレスプレートを骨にネジ

止めするのもインプラントです。

この場合インプラントは完全に体の中に入ってしまいますから、外見

上は何もわかりませんし、感染もおきません。

ところが歯科用インプラントは、半分は体の中に入り、もう半分

は出ているという中途半端な状態です。もちろん噛むためにそうな

るのですが、見方を変えると体に何かがトゲのように突き刺さって

いるのと同じ状態です。

体に何かが入ると、それは異物ですから体は炎症を起こしそれを

排除しようとします。

しかし排除ができないとわかると今度は包み込んで無害化しよう

とします。

ところがチタンという物質に限りこの異物反応は起こらず、逆に骨

が寄り添っていくというたいへんおもしろい動きをします。

これを「骨結合=オステオインテグレーション」と言い、1952年に

偶然発見された現象です。

チタン製インプラントの歯科への応用は、1965年にスウェーデン

のイエテボリ大学の整形外科医、ドクター・ブローネマルクによっ

て初めて施術され、すでに40年以上使用している方がおられます。

歯根膜はありませんが、条件さえ良けれぱ、きちんと口の中で機能

することが証明されているのです。

  • SEOブログパーツ