「第3の歯」インプラント治療

TOP > インプラントにする前に > インプラントと長くつきあうには

インプラントと長くつきあうには

積極的に予防歯科治療


歯の病気は基本的には細菌による感染症ですが、真の敵は現代人

の生活習慣であり、それを是正できない人の心の弱さなのかもしれ

ません。

インプラントがだめになる理由は、歯がだめになる理由とほとん

ど同じです。

ですから歯をなくした原因をしっかり考えてきちんと予防策を講じ

れば、自ずとインプラントも長持ちさせることができます。

一般に歳をとれば病気の1つや2つ持っていてあたりまえ、歯もなく

なって当然と考えられています。しかし私はそうは考えません。

それまで管理できていなかった結果が、たまたま60歳を超えたあたり

で露呈してくるだけなのです。

これは平均寿命が70歳そこそこであった時代にはそれほど大きな問題

ではありませんでした。

ところが今や日本は男性で78歳、女性で85歳という世界一の長寿国

であり。

近未来の日本にとてつもなく大きな問題としてのしかかっています。

人に最後まで残される楽しみ、それは食べることです。

これが思い通りに行かないことがどれほど辛く情けないことかは

本人にしかわかりません。

そのような人の仲間入りをしないよう、治療を医者任せにせず

重症にならないよう治療と維持管理に積極的こ参加してほしいと

願うのです。

インブラントを長くもたせようとすること、それは自分自身と向

きあうことにほかならないのです。

  • SEOブログパーツ