「第3の歯」インプラント治療

TOP > インプラントにする前に > 最寄の歯科医院で定期検診を

最寄の歯科医院で定期検診を

早期治療が基本


私たちの体には「免疫」という仕組みがあることはご存知でしょ

う。

体の中で白血球がかってに細菌を食べて片づけてくれる、たい

へんありがたい仕組みです。

ちょっとの異常で痛みがあるようでは日常生活はままなりません

から、これは本当にありがたいことです。

この自覚症状がほとんどない状態を「慢性」といいます。

ところがこれは見方を変えると、病気の発見が遅れる理由にもな

ります。

特に歯肉の中など見えない部分なら、炎症があっても自覚する

ことはありません。

歯科医院ではそれを発見しあなたにご報告するのですが、緊急性

が無いばかりか、病気に対し現実感が湧かないので、なかなか真剣

にとりあってもらえません。

説明のためのエックス線写真をお見せしても、歯のエックス線写真

は原寸大ですからとても小さく、理解していただくにも限界があり

ます。

それに治療はできれば避けたいので、逃げ出したい一心で「痛く

なってからでいいです」とか「様子をみます」などと、とりあって

いただけない場合が多いのです。

しかし慢性はいつまでも続くわけではなく、徐々に進行してい

きます。

何らかの手を打たないとしだいに体は我慢しきれなくなり

ついにあなたに「痛み」と「腫れ」という警告をだします。

これが「急性」という状態です。

この時点でようやく重い腰を上げしぶしぶ歯科医院へ赴くのです

が、慢性のうちに叩いてしまえば簡単に片づいたものも、時間が

経ち急性になるまで進行してしまうと治療は格段に難しくなります。

つまり治療は痛く、時間もお金もかかり、努力の割に結果は思わし

くないということになります。

しかし多くの人はそのような道を選択しているのです。

  • SEOブログパーツ