「第3の歯」インプラント治療

TOP > なぜインプラントにするのか > 成功率の真の意味

成功率の真の意味

成功率は見方によってかわる


よく「私のインプラント治療の成功率は99%」と、一般の統計

より好成績であるかのようにおっしゃる先生がおられます。

成功率が高ければその先生の腕は確かなように聞こえますが

本当なのでしょうか。

その先生が、ご自分が手がけたインプラント治療のすべてを追跡

調査していれば、本当といえるのでしょうが、実際はそのようなこ

とはありません。不思議なことに、患者さんの多くはご自分が受け

たインプラント治療がおかしいと判断すると、施術した担当の医師

にではなく他の医師に相談する傾向があるのです。

ですから私の所にもいろいろな相談がありますし、もしかしたら

私が行った治療も他のの先生の手で再治療となっている可能性

もあります。

私自身、とてもすべての追跡調査はできていないのです。

そうすると医師が把握しているのは、失敗しなかった症例がほ

とんどということになります。

技術がなく失敗を繰り返しているのに、患者さんが転院するから

それが表面化しない医師の成功率も高くなってしまいます。

インプラント治療には、誰が行なっても成功する簡単な症例があり

ます。

すると難しい症例を最初から行なわない先生であれば、成功率は高く

なります。

しかし難しい症例、たとえば骨が少なかったり歯周病のリスクが高い

方への治療にチャレンジすると、ときにうまくいかないこともあるでしょう。

当然成功率も落ちていきます。

ですから単純に成功率を問う前に、どのような症例に対して成功

率が何%であったのかを調べる必要があるのです。

しかしその種の調査を実施して信頼するに足るデータを集める

ことは、とても困難です。

多くの症例を手がけることのできる、技術のある歯科医師なら、

全体として95%強の成績に落ち着きます。

この水準は世界的にも共通しています。

「便りがないのは元気な証拠」といいますが、もし99%とおっしゃ

る先生が追跡できていない分まで成功に含めているとしたら、あま

りにも都合の良すぎる話ではないかと思うのです。

成功率の高さは必ずしもその先生の技術力を反映するものでは

ないことを知っておいてください。

もちろん,成功率が低いことはよくないのですが。

  • SEOブログパーツ