「第3の歯」インプラント治療

TOP > なぜインプラントにするのか > もっとも一般的な入れ歯

もっとも一般的な入れ歯

入れ歯との比較


欠損歯が増えブリッジは無理となると、次は入れ歯の設計を考え

なくてはなりません。ここでは一番奥から2本連続で歯がなくなっ

た場合を考えてみましょう。

入れ歯の良い点は、ブリッジやインプラントのように適応が限ら

れることがないことです。

どんな人でも、どんな場合でも入れ歯は可能で、簡単に造ろうと

思えば意外に簡単にできてしまいます。

しかしそれが本当に使いものになるかは別問題で、きちんとした

入れ歯造りはそれなりに下準備がたくさん必要です。


入れ歯のしくみ


入れ歯は人工歯と、噛む圧力を歯肉に伝える床、歯をつかむ鈎

床や鈎同士を繋ぐ連結子などで構成されます。

歯の欠損の割に入れ歯が大きいのはそのためで、じゃま、かっこ

悪いと嫌われてしまいます。

入れ歯でものを噛むときは圧力を歯だけではなく軟らかい歯肉に

も負担させるので、歯肉は少し潰れ入れ歯はわずかに沈みます。こ

のとき床全体が歯肉に均等に当たればいいのですが、部分的に強

く当たるようだと強い痛みがでます。

無理して使うと辱痩といって床ズレのような状態になり、痛くて食事

はできず「入れ歯などない方がまし」ということになります。

入れ歯が沈むということは、鈎がかかっている歯は噛むたびに揺

さぶられます。この力はとても大きく、歯を破損させたり、歯周病

を加速させたりする原因になります。

  • SEOブログパーツ