「第3の歯」インプラント治療

TOP > なぜインプラントにするのか > インプラント治療の価格02

インプラント治療の価格02

インプラント治療の価値


問題はそのバリュー、すなわち価値がライフスタイルに合うか

どうか、未来の幸せを創造する助けとなるかどうかです。

言い換えればブランド品や海外旅行などと比べて優先順位が

高いかということで、これは特に健康に対して真剣に向き合った

ことがない人にとって、かなり厳しい選択になります。

そこで次に1つの考え方を紹介しましょう。

あなたは何かオーダーメード品をお持ちでしょうか。

あなただけのために造られた、あなたにしか必要でない、あなた

にピッタリな何かです。

ちなみに私は3つ持っています。

1つはワイシャツです。

ずいぶん前ですが兄が結婚したときに相手方のご実家からい

ただいたワイシャツ仕立券であつらえました。

既成のワイシャツしかきたことがなかった私にとってそれはとても

新鮮で、風合いや着ごこちはもちろん、職人さんが私のためにだけ

一生懸命作ってくれた見えない力にえらく感動したものです。

その後若干体形が変わって着られなくなったのは残念で、これは

体のメンテナンスを怠った私の責任です。

2つ目は私の診察室です。限られたスペースに既製品を詰め込ん

だだけではありますが、ここではおよそ考えうるすべての歯科治療

が可能です。来てくださるすべての人のために造ってもらった、価

値あるスペースです。

3つ目は歯です。全部で8ヵ所、すべて大臼歯という奥歯です。

私の歯は学生時代、いろいろなメーカーの材料を比較する研究の実

験台になりましたが、8年前にすべて金合金製の詰め物に交換しま

した。自分で自分の歯は削れませんから、形成から型取り、そして

最後の接着は、腕の良い後輩に頼みました。

詰め物の製作者は私です。歯科技工士さんが造るのが一般的です

が、簡単な物は全て自製していました。

たいへんな作業ですが、これが患者さんの体の一部となり、その人

の未来を支えることになると思うと、自ずと気合いが入ります。

考えてみれば医療とはすべてオーダーメードです。

歯科は物を造って入れることが多いので誤解されやすいのです

が、私たちは決して物を売っているのではありません。物を通して

機能を、そして患者さんの未来を造っているのです。

  • SEOブログパーツ