簡単にダイエットが出来る方法で、あなたも今日からお手軽にダイエット

TOP > 運動ダイエット方法 > レジスタンス・エクササイズ

レジスタンス・エクササイズ

 いつでもどこでもできる、レジスタンス・エクササイズ

 

筋肉をつける運動といっても、スポーツジムに通って本格的に

トレーニングするなどと、大袈裟に考えることはありません。

私たち日本人が昔からやってきた体の使い方を参考にすれば

よいのです。

 

もともと農耕民族だった日本人にとって、肉体労働の基本は農

作業です。土を耕したり、種をまいたり、苗を植えたり、作物を

刈りいれたり、それを運んだり・・・。

 

こうした体の動かし方をベースにした運動=「レジスタンス運動」

が、日本人の体づくりには最も適しています。それが、筋肉や骨

に負荷をかけるダンベル体操や、関節や筋肉を柔軟にするストレ

ッチ体操などのエクササイズ。

 

いずれも、いつでも、どこでも、だれにでも、なにをしていてもでき

る運動です。普段の体の動かし方の差が、筋肉の差、ひいては

脂肪の差となって現れてくるのです。

 

 

ムキムキにはなりません!なれません!

 

ダンベルで筋肉をつけるというと、ボディビルダーのようなムキム

キの体をイメージしてしまう女性もいるでしょうが、心配は御無用。

あれだけの筋肉をつけようと思ったら、重いバーベルで毎日何時

間もトレーニングしなければ不可能なこと。

 

そもそも女性は男性のようにモリモリと筋肉がつきません。

それは筋肉がつくのには女性ホルモンが働いているため。食事

でとったタンパク質から筋肉をつくるときには、男性ホルモンのひと

つ「テストステロン」が必要になります。

 

女性もこのホルモンを分泌してはいますが、圧倒的に量が少ない

のです。男性よりも筋肉が増えにくい体内のシステムになっている

から、ムキムキにはなれません。

 

女性の場合は、ダンベルでのエクササイズによって筋肉がほどほど

につくので、全体的に引き締まった印象になり、メリハリのあるボディ

ラインになっていくのです。

 

 

 

 

簡単お手軽!ダイエットの方法!      


                              部分やせダイエット→     




簡単お手軽!ダイエットの方法!ブログ
  • SEOブログパーツ