簡単にダイエットが出来る方法で、あなたも今日からお手軽にダイエット

TOP > 運動ダイエット方法 > 部分やせダイエット

部分やせダイエット

 ピンポイントでダイエット

 

顔、二の腕、お腹、ふくらはぎ、背中 などなど女性にとってひとつは

気になる所があるはずです。でもなかなか難しいですよね。

そこでありきたりかも知れませんが、お腹と背中のダイエットの方法で

効果の出るもの。腹筋と背筋運動を取り上げます。

  "なんだ、そんなものとっくに試したよ"

とおっしゃる声が聞こえてきそうですがちょっと1から考え直してください。

よく私達の話題にもなるのですが、腹筋でお腹の脂肪は取れるのか?

という事でよく議論になりますが、考えは十人十色でかえって腹筋は無駄だと

思っている人が大半です。でも、わたしは反対意見です。

 

腹筋運動でお腹の脂肪は必ず取れます

結論から言いましたが私なりの裏づけがあります。と申しましても一般的ですが。

 

1、お腹周りの筋肉質を運動により疲れさせます。すると筋肉は疲れた分の

  エネルギーをどこから補うか。脂肪分しかありません。脂肪燃焼は運動に

  より、必ず減少します。

 

2、脂肪分というものは、中々に減らないものです。特に腹部などは減少

  しにくい部分です。何故か?科学的見解は分りかねますが実践でなら

  証明できます。走るという行為、格闘技でいうキックという行為、いずれも

  足を使った運動ですね。しかし筋肉自体は一番腹筋が働いているのです。

  その場で走るように腿上げ運動をしてみて下さい。1分もすれば腹筋が

  痛くなり二、三日、筋肉痛になります。キックボクシングの選手や短距離走

  の選手など強靭な腹筋をしています。どちらも足の運動ですが足をお腹に

  引き付ける、という運動はとてつもなく腹筋を酷使します。長くなりましたが

  選手ほど運動は無理ですが、必ずしも腹筋運動とお腹の脂肪の減少は

  無関係ではないということです。

 

 

背筋に関しましては、腹筋とは密接な関係にありやたら腹筋のみ鍛えても

腰を痛めるだけです。腹筋を行えば背筋を少し多めに行う事が理想ですが

運動選手になるわけではないのでそこまでしなくてもよいかと思います。

具体的な方法は次の項目にて。

 

 

 

 

簡単お手軽!ダイエットの方法!


                           腹筋 背筋 ウォーキング→




簡単お手軽!ダイエットの方法!ブログ
  • SEOブログパーツ