簡単にダイエットが出来る方法で、あなたも今日からお手軽にダイエット

TOP > 運動ダイエット方法 > 玄米ダンベルダイエット

玄米ダンベルダイエット

  握力を鍛えるとダイエットにも効果的

 

せっかく積み立てた年金があてにできないという心配が現実のものと

なりつつあります。老後の生活に不安を覚えるのは生活費だけではあ

りません。すでに腰が痛い、膝が痛い、血圧が高い、骨粗しょう症も進

んでいるらしい・・・、などなどからだの健康状態にも年々心配度が高ま

っています。

 

そして、連れ合いが寝たきりになったら、痴呆になったら、自分が寝たきり

になったら・・・・・ と、心配事はとどまるところを知らず、身震いさえ覚える

深刻さをもって次々と頭の中を去来します。そこで、今のうちから体を鍛え

つつ、様々な病の原因となる肥満を防ぐ方法を考えてみます。

 

まず、握力と腕力を強化する運動「玄米ダンベル体操」は寝たきりを防止

すること、また咀しゃく運動(チューインガムトレーニング)が痴呆を防止す

ること、そして元気な老舗を確立するために10時や3時に高タンパク質お

菓子の「お茶の友」を食べて、筋肉・骨づくりを促すことに有効であることを

解説します。

 

その理由は、わたしたちが1997年頃から調査研究してきた老人保健施

設デイケアサービスを受けている高齢者や、老人ホームの入所者の中で、

事・排泄・着替えなどの生活基本行動を自立している人たちは13キロ

以上の握力を保持していて、完全介助、もしくは半介助してもらっている人

たちの握力は13キロを下回っているというデータが得られています。

 

そこで、ご年配の方でも簡単に無理することなく、握力を鍛えることのでき

る、玄米ダンベルダイエットという方法をご紹介します。

 

 

 

 玄米ダンベルダイエット方法

 

【用意するもの】

手ぬぐい、風呂敷、はぎれなど、できるだけ布目の細かい布。

サイズは縦24センチ×横15センチ くらいに切ったものを2枚。

玄米は600グラム。

 

 

作り方】

①折りたたんで縦と横の一方を縫い、表にひっくり返します。

 

②袋状にした布をコップに立て、はがきなどを丸めて玄米を、袋の

 中に差し込んで入れます。

 

③ぎっしり詰まるようにトントンとテーブルの上で叩いてから、口を

 閉じます。輪ゴムで閉じてもよいでしょう。

 

 

 ※玄米にするのは、虫がつきにくいことと、

  白米では砕けて粉になりやすいからです。

 

 

 玄米ダンベルでつまむ力を「アップ」しよう

 

握力をアップする方法として、玄米ダンベルを縦にして両手の爪を

てて、中央部近くを持ち、右手を上方にへ左手は下方に同時に

チマチマとつまみ上り、つまみ下りる。今度は、右指を下方に、左

手指を上方へとチマチつまみ運動をして移動させます。

 

玄米ダンベルを横にして、爪を立ててつまみ、左右にカニ歩きのよ

うにまみ移動をさせて指を離していき、今度は中央に向かって

つまみ移動する。これを繰り返します。腕や手に不自由のある方は、

テーブルの上に玄米ダンベルを置き、つまみ運動で左右に動かすと

よいでしょう。

 

 

 

簡単お手軽!ダイエットの方法! 


                       激しい運動はもうやめよう!→           




簡単お手軽!ダイエットの方法!ブログ
  • SEOブログパーツ