簡単にダイエットが出来る方法で、あなたも今日からお手軽にダイエット

TOP > 食事ダイエット方法 > 肉・魚を食べてダイエット

肉・魚を食べてダイエット

 

 羊・牛・豚肉をしっかり食べて脂肪を燃焼

 

油とともに、ダイエットの大敵と思われがちなのが肉類。ダイエット中は

肉を控えて、魚や豆腐で我慢していませんか?ところが、これが大きな

間違いなのです。なぜなら、羊、牛、豚などの赤身の肉には脂肪を燃

やす成分がたくさん含まれているからです。この成分はL-カルニチ

といって、単体でサプリメントとして売られているほど、ストレートに脂

肪の代謝をあげてくれる効果があります。L-カルニチンの含有量は、

羊、牛、豚の順に多く、鶏にはほとんど含まれていません。さらに、赤

身の肉はタンパク質が豊富です。タンパク質は脂肪になりにくく、筋肉

になりやすいという特徴があります。このように、赤い肉はいいことづく

し。食べない手はありません。では、どうやって食べるのがいいのでし

ょうか。

 

 

理想は生で食べることです。

 

生肉には多くの酸素が含まれています。この酸素に脂肪を燃やす力が

あるのです。ただし、鮮度の問題もありますし、胃の弱い方は生肉が消

化できなかった成分が腸の内壁にたまり、かえって他の栄の吸収を妨

げてしまうことがあります。そういう人には、赤身肉をシチューやポトフな

どの煮込みにしていただくことをオススメします。沖縄の豚の角煮、ラフ

テーなどもオススメです。赤身肉に含まれるタンパク質は、煮溶ける心

配がないので、しっかり栄養分を吸収することができます。

 

【ポイント】 L-カルニチンの多い赤身を選ぶ

 

 

 肉料理にはショウガやニンニクをプラスする

 

脂肪を燃やすうえで赤い肉は効果的ですが、胃腸が弱い人の中には、

そのままだと消化ができない場合があります。消化がうまくできないと

、結局はどんないいものを食べても意味がありません。必要な栄養を吸

収することができないと、体は少ない栄養でまかなおうとして、やせにく

くなるからです。

 

そこでオススメなのが、赤身の肉にショウガやニンニクを組み合わせる

ことです。ショウガやニンニクには消化を助ける効果があります。さらに、

ショウガやニンニクには体を温めるという効用もあります。体の冷えはダ

イエットの大敵です。冷えると代謝が悪くなり、脂肪を蓄えやすくなるの

です。たとえば、生の肉には酸素が豊富に含まれていますが、脂肪を

燃やす効果がある半面、冷たいので体が一時的に冷えます。こんなと

きもショウガやニンニクが味方になります。冷えた体を温める作用があ

るからです。レバーの刺身についてくるショウガ、ステーキに添えられた

ニンニクなどは、すべて意味があるのです。薬味はできるだけプラスし

てください。

 

【ポイント】 消化作用のある薬味を欠かさない

 

 

 鶏のササミしか食べない人ほど太りやすい

 

昔からダイエット食といえば、鶏のササミが定番です。最近セレブに人

気のフィットネスジムでも、鶏のササミを食べることをすすめているよう

です。理由は、脂肪分が少なくて、高タンパク質だからということです。

しかし、結論からいってササミばかり食べたところでやせません。たと

え一時的にやせたとしても、必ずリバウンドしてしまうでしょう。私の経

験ですが、ダイエットしていたときにイヤというほどササミを食べました

。でも体重はまったく減りませんでした。なぜなら、鶏のササミにはL-

カルニチンやビタミンB2などの脂肪を燃やす成分が少ないからです。

ミネラルも少なく、栄養のバランスもよくありません。栄養不足は太り

やすい体を作る要因になります。

 

第一、鶏のササミがおいしいと思いますか?ぱさぱさして、うまみが

ないですよね。おいしくないと思うものを体にいいと信じて食べること

は、ダイエットの大敵です。人間とは不思議なもので、まずいと思う

ものを無理して食べたり、罪悪感を覚えながら食事すると、ストレス

で代謝が下がり、結果として太ってしまうのです。

鶏のササミがいちばんの好物という人でもない限り、オススメできま

せん。無理してぱさぱさのお肉など食べず、ジューシーな赤い肉を

食べましょう。

 

【ポイント】 ササミダイエットは過去の話

 

 

 ハンバーグよりステーキを食べると引き締まる

 

原形をとどめた食品を選ぶというのがやせる鉄則です。なぜでしょうか?

人間は生まれつき、太古の昔から食べていた原形食品を分解する酸素

を持っているからです。逆にいうと、加工食品を分解する酸素を持ってい

ません。ですから、加工食品ばかり食べていると、消化しきれなかった

成分が腸の内壁にたまり、栄養の吸収を妨げ、栄養不足のなる最悪の

ステップを踏むことになります。肉もハンバーグや餃子などに加工せず、

原形の見えるメニューが理想です。そういった意味からも、ステーキや

煮込みなどをオススメしているのです。魚も同じです。加工したツナ缶

を食べるよりは、刺身や焼き魚など形のままに調理されているものが

いいでしょう。

 

野菜もそうです。裏ごしにしてムースにしてみたり、手の込んだスープを

作るのは素敵なことだとは思いますが、ダイエットという意味では、あま

りオススメできません。やせるためには消化、吸収、代謝に体力を使う

食事をすること、原形食品はこれにあたります。加工食品より硬いので

、消化するまでにたくさんのエネルギーを必要とします。たくさん噛まな

くては飲み込めませんし、消化するには胃から大量の分解酸素を出さ

なくてはいけません。腸に入ったら、活発なぜん動運動をしないと便に

なりません。このように、内臓をフルに働かせるという意味においても、

ダイエットには非常に有効なのです。

 

【ポイント】 料理のときは大きめに切って料理する

 

 

 ブリやマグロの刺身で体の中から美しくなる

 

生がいいのは、油や肉だけではありません。ダイエットには魚も生のまま

で食べるのが効果的です。生魚にも、生肉に同じように脂肪を燃やす酸

素が含まれているからです。白身と赤身、どちらでも効果は期待できます

が、ブリ、マグロ、サバといった脂の多いもののほうがいいでしょう。魚に

含まれるDHAやEPAといった良質な脂分は、体に蓄積された悪い油を

排出する効果があります。

 

しかし、DHAやEPAは火を通してしますと変質してしまいます。こうした

意味からも、魚は刺身もしくは寿司でいただくのが理想です。特に寿司

は、老廃物を除去する酢がいっしょに摂れるという意味でもオススメです

。ただし、寿司のような生ものはどうしても消化しにくく、体が冷えやすい

という側面もありますから、つけあわせのガリの存在が重要です。ショウ

ガは体を温める冷え対策の救世主。アジやイワシはショウガやニンニク、

ネギなど薬味といっしょにいただきましょう。これだけでも、かなりの消化

作用と温感作用が期待できます。

 

【ポイント】 魚の脂で脂肪を排出

 

 

 

簡単お手軽!ダイエットの方法!


                            代謝アップの食材ですっきり→




簡単お手軽!ダイエットの方法!ブログ
  • SEOブログパーツ