簡単にダイエットが出来る方法で、あなたも今日からお手軽にダイエット

TOP > 骨盤ダイエット方法 > 骨盤の開閉をスムーズにする

骨盤の開閉をスムーズにする

閉まればいいってものではない

 

いかがでしょうか?自分の足が想像以上に開いていてショックだった

人も大勢いるのではないでしょうか?でもこれは 「今日の自分」 の

状態なだけ。骨盤体操をキチンとマスターできれば、骨盤の開閉が自

在にコントロール出来てしまうのです。

 

最近、「骨盤を閉めてダイエット」、なんていう言葉をよく耳にしますが

その言葉をきくたびに 「???」、意味が分かりません。

骨盤は開く働きと、閉まる働きが、両方とも、スムーズに行われることで

体のバランスがとれてダイエットの効果となるのです。

 

閉めるだけ閉めてそのまま・・・では窮屈な箱に何時間も閉じ込められて

いるようなもの。また、偏って歪んだ形でしまっているのでは押しつぶされ

たティッシュ箱状態。つぶれた箱からティッシュが出にくいのと同じように

歪んだ骨盤からは、大便をはじめあらゆる体の老廃物が出にくくなります。

 

そしてそんな状態から出てきたものは臭い!歪んでからでは、いくら骨盤

体操をしても効果なし、まずは歪みを治しましょう。

 

ですから骨盤は「開いているのがいい」とか「閉まっているのがいい」という

問題ではなくて、いかに開閉がスムーズに行われるかが最重要。

 

そして、左右の骨盤が均等でなければ意味がないという事。

このふたつは必ず覚えていてください。

 

骨盤をコントロール出来る者は、ダイエットの方法もコントロール出来ます!

 

 

骨盤が閉まりすぎると

 

1:熟睡できない

  常に仙骨と尾骨がとんがって後ろに飛び出しているので、床に寝る

  だけでからだに力が入ります。寝つきが悪くなり、寝ながらマラソン

  をしているようなもので、朝起きると肩がこり疲れるようになります。

 

2:イライラしやすい

  からだが骨ばって女性らしさに欠けるうえに、知らず知らずのうちに

  常に緊張しているのでイライラし心もギスギスしてきます。

 

3:ひどくなると・・・

  閉まりすぎは食欲不振。拒食症などを引き起こし、限度を超えると

  「死」にいたることも。

 

 

「閉まる」と「開く」を自在にコントロールできると

 

1:快眠

  骨盤を自在にゆるめれると自然に骨盤が下垂し、睡眠モードになる。

 

2:快便  

  開いた状態で寝て、パチンコのチューリップのように食べたもの、飲

  んだものを膀胱や直腸に下ろすと朝、骨盤をキュッと閉めれば中の

  ものが心地よく出て、便秘も治ります。

 

3:お手軽妊娠

  妊娠中はドンドン開いて「安定骨盤」を維持。出産したらキュキュッと

  閉めて元通り。予定日をすぎても出てこなければこっそり閉める体操

  をすればサクッと下りてきます。

 

  

 

簡単お手軽!ダイエットの方法!


                        骨盤を呼吸でコントロール→




簡単お手軽!ダイエットの方法!ブログ
  • SEOブログパーツ